お帰りなさい! DavidStrettle!来シーズンサラセンズへ復帰です。頑張るぞい!

https://www.saracens.com/news-article/david-strettle-to-return-to-saracens-for-2018-19

私はリーグは北半球好きで「イングランドプレミア」「プロ14」などが中心です。
ご贔屓チームはサラセンズであり他にもクインズやウスターや蜂組などを。
そのサラセンズですが何か某国から入団された選手がいるみたいで急に「サラセンズサラセンズ」と聞こえてきますね。
また「南半球の力」とか言い出すのかな?まあいいけどさ。南半球様様ですからね。
さてそのサラセンズにあの選手がフランスから帰ってきます。
2010年から2015年まで在籍して念願のプレミア優勝も経験しました。
今はフランスのクレルモンでプレーしております。
フランスでパパとなり私生活も充実しているようですね。

stretts-800x534 (コピー)
(the rugbypaper)
お帰りなさいストさん


ストさんは私がイングランドセブンズを応援するきっかけとなった選手です。
ブロンドで走るのが早くてセブンズでもTRYを決めていました。
相手の選手はハーフパンツを掴むぐらいに止めていました。
イングランド代表15人制は03年豪州大会からご贔屓していますがセブンズは06年からです。
今は見かけませんがその頃はセブンズから15人制へ行かれた選手もいました。
セブンズから07年RWCに出た選手もいますが今も某チームで頑張っていますよ。
当時はクインズ所属でありブラウンさんダニーさんロブ様など今も在籍している選手もいます。
2010年からはサラセンズ所属となりここでプレミア優勝を経験しました。
ここには4シーズン在籍して15年にフランスのクレルモンに移籍をしました。
フランスでの生活は最初は奥様と二人でしたが可愛い家族が増えて幸せな家庭を築いているようです。
サラセンズでも「兄貴」的な存在であり後輩達からも慕われていたそうです。
フランスへ移籍されたと同時にクレルモン本ご贔屓となりこれからも応援しますよ。ストさんいなくても素敵なチームですからね。
年齢的には35歳となるストさん。イングランド代表には選ばれていますがRWCには縁がありませんでしたね。
イングランド代表の時もお兄さん的な存在であり当時の監督と戦術も思案していましたね。将来はスタッフになるかも?
うん。入って欲しいと思います。

クレルモンでは同じイングランドから来ているアベちゃんと仲良しでしたがストさんがイングランドに帰るとなるとアベちゃんも寂しくなりますね。アベちゃんどうするのでしょうか?
嬉しいニュースです。お帰りなさい。ストさん。

追記
ストさんはフットボールも得意です。イングランド代表にもフットボール好きな選手がいます。
ストさんはペップ率いるマンチェスターCの下部組織でプレーしていたことは有名です。
ロブ様がアーセナルサポ(グーナー)であることは有名ですね。
ストさんは実際にサッカー姿映像みても上手です。
スポンサーサイト

遅ればせながらエデイージョーンズHC(イングランド代表HC) おめでとうございます。

何度も言うけどさエデイージョーンズ氏はイングランド代表HCだからね。未だにエデイー信者がいるけど先の遠征で日本代表が結果出しているのならもういい加減離れなよ。アウェーでフランス相手に歴史的ドローだろう?現HCも見てやれよ。
毎年9月はボクス戦で感動しているけどさ。そろそろ離れないか?
今更返さないからな。イングランド代表HCなら最後までやり遂げて貰うから。
そんな中でワールドラグビー表彰式が行われ最優秀選手は残念ながらイングランドからオーウェンとイトジェ君が候補にあがりましたが取ることは出来ませんでした。しかし二人の活躍は私は見ていましたので賞は取れなくても頑張ったと思います。
オーウェンは成長したね。イトジェ君は伸び伸びとプレーできる環境があるから。まだまだ楽しみな二人です。
しかしイングランドからはエデイーさんが最優秀コーチ賞を獲得されました。

http://www.englandrugby.com/news/jones-named-world-rugby-coach-the-year/

イングランド代表は連勝連勝で6NSで愛蘭に負けましたがこの1敗なのですね。
とはいえ私は連勝が止まったのは良かったと思います。
今でもイングランド代表の扱いは「エデイーさん凄い」だけどやるのは選手だろうが?
選手が頑張っての結果だろうが。もともとイングランドはアンダー世代が優秀というのもあるけどな。
ベテランでさえ場所はない。ベテラン天国からは完全に離脱したね。
ある程度のベースがあるイングランド代表にエデイーさんの指導が入った。
悪い結果など出るわけがないだろう。
かといって誰がやってもいうわけではないが。

HCおめでとうございます。

みんな大好きイングランド!秋の最終戦 サモア戦メンバーですよ。

http://www.englandrugby.com/news/england-name-side-face-samoa/

秋のイングランド祭りもいよいよ最終戦です。
サモア協会が話題になっていますが前に対戦した時も「サモアと共に」とやっていましたね。
そんなサモアとの対戦メンバー23名です。内訳を見てみましょう。クインズ4名レスター5名エクスター3名サラセンズ4名蜂組2名バース2名セインツ3名です。主将は12年から15年まで担当していたロブ様とフォードです。
オーウェンは外れました。まあ正直怪我が怖いのでと思うことにします。フォード頑張りなさいよ。
あ、「立派に更生された主将」はサブからのスタートです。
まあ代表にいると猫かぶりだな。勝っているは別にあんたのキャプテンシーがあるわけではないからな!
ブラウンとダニーさんの安心感は何ですかね。
ダニーさんこそ立派に更生したのですよね。若いころから色々ありましたけどね。
書けないこともやり協会からお灸を据えられてそれから更生しました。
19年まで継続してほしい。ベテランだけどいつも若々しいダニーさんです。

勝つと思いますよ。
しかし最終戦です。このあとはクラブもあります。
どうか怪我なしで試合を終えて欲しいと思います。
もちろんサモアの選手もですよ。
サッカーは相手チームが怪我すると喜ぶような実況しますがラグビーはそれはありませんね。

000effe2-800 (コピー)
(telegraph)
ロブ様(左)は15年で交代したけど主将就任は2012年6NSイタリア戦からでした。それまでは「仮」として主将をやっていた。
指名されたトムウッドさんが怪我で6Nsへ初戦から合流できずに彼が合流するまでの「主将代行」でした。
初戦のスコットランド戦は「瞬間湯沸かし器」で自分から乱闘していたけど徐々に主将として成長していきました。
まあ語れば長いので割愛しますが簡単に「ロブショウ主将失格」と言うなよ!
今の「立派に更生された主将」より大変だったのだからな。

みんな大好きイングランド! あれから14年 イングランドが世界一になった日

2003年RWC豪州大会ファイナルは11月22日です。
ファイナルカードは地元ワラビとウィルコ擁するイングランドです。
オールブラックスは3位でした。まあ始まる前ではオールブラックス応援でした。
しかしいつしかイングランド応援となり嵌り歌も覚えていく。
とにかくウィルコがカッコよかった。
今でも蹴る人はご贔屓ですがウィルコは特別ですね。
今はイングランド代表キャンプで後輩達に教えているウィルコ氏。
少し前は金満にいたからこちらでと言っていたがやはりイングランドなんだよ。
フランスにウィルコが落とすものなどないのだよ。
受け継ぐのはイングランドの後輩達だよ。
ウィルコポーズをマネする選手などいますがイングランドを見ると代表にいる蹴る人たちはオーウェン&フォード&スレイド&デイリーなど誰もウィルコ氏の真似をしていないのだよね。自分だけのポーズで蹴る。
オーウェン好きだから私はあの睨むようなオーウェンのポーズ好きです。

イングランドラグビー代表はこれから入ったのです。それまではイングランドサッカー代表でした。
今もなんだかんだとイングランドサッカー代表贔屓しておりますよ。
もう初心者で入ったイングランド代表があれよ!あれよ!と勝ち進んでいくのですから気分良いです。
ファイナルは現イングランドHCで地元優勝を狙うワラビでした。
好試合は延長へ行きウィルコ氏のDGが決勝点となりました。
今でもあの残像は覚えているよ。蹴った瞬間に両手を上げていた。決まると思ったからね。
もう優勝決まった後は泣いて泣いて嬉しかった。
初心でいきなり優勝してくれたイングランド代表です。
「一生ついていきます」
ここでイングランド代表は深く深くインプットされました。
そのあとは没落していったのは記憶に新しいです。
「ウィルコ頼み」が仇になりベテラン天国となりチームを破壊させた。
だけど2003年大会でイングランドが優勝したのは真実である。
そして名選手名監督にはならずでしたね。

2019年「優勝候補」などと言われていますが解りません。
もう2年まだ2年何があるか解らないでしょう?
「2019年当確」
まあ気が早いな。

67018356_englands_team_poses_with_the_webb_ellis_cup_of_the_2003_rugby_world_cup_final_at_the_o-lr (コピー)
(thetelegraph)
最高の男たちです!

みんな大好き!イングランド! サモア戦登録メンバーだよ。

http://www.englandrugby.com/news/jones-retains-players-for-samoa-match/

みんな大好きイングランド!秋の「真剣勝負」(真剣勝負だの本気だの言うけどどの試合も真剣であり本気ではないのか?いい加減な気持ちでやっていたら怪我するだろうが?まあ都合のいい解釈をする大本営だけどな)
ここまで2連勝であの「現世界最強」ワラビを「ノートライ」で抑えたというからまあ本当にたくましいチームでございます。
まあ次も負ける気はしません。最後の試合ですからね。スカッと決めましょう。
はい。私はイングランド代表が好きです。今のチームより出来の悪いチームも再生していくチームも見てきました。
秋は北対南ですからやはり北に勝ってほしいですもの。6NSはまた別になりますけどね。

サモア戦登録メンバーです。
チームリースされた選手もいますがワトソン君ジョセフさんクルーズさんなどがいますね。
オーウェンはメンバー入りしていますので10番フォードで12番オーウェンでしょう。安定の二人ですね。
負けるわけがない。勝ちますよ。はい。
主将はやはり代表にくると猫かぶりだな。まあ良いけど。猫かぶって代表終われば。
若手と言うことでマーカススミス君が招集はされましたがチームリースですね。
というかエデイーさんは若手を登用したいという気持ちも解る。
だけど今はU20が無いので良いけど6Nsでは平行して行われている。
試合に出さないのなら呼ばなくてもいいよ。
U20の大会がそうだった。本来のメンバーであるのにEliteに呼ばれたから出れなくなり準優勝だったね。
大本営的には「エデイーさんが発掘した若手」と書きたいが招集されました。試合には登録されないなら勿体ないです。
スミス君もまだまだフル代表は早いよ。まずはチームとアンダー世代で経験積んで来てほしい。
「世界が驚いた」なんていらないから。
イングランドに関してはアンダー世代とクラブ下部組織がしっかりしているから若年層から育っていきますよ。

最後の「秋のイングランド祭り」です。
誰も怪我無く終わって欲しいと願います。
スターター&サブは明日でしょう。

プロフィール

桜

Author:桜
Danbiggarを愛し北半球プレーヤーを愛してます♡

ラグビー中心ですが主に北半球でイングランドプレミア&プロ14です。
イングランド代表は2003年から大好きで贔屓しています。ファン歴は15年になります。赤龍代表は2015年の6NSからです。まだ3年という初心者です。

ラグビーはまだまだ解りませんがよろしくお願いします。
サッカーはプレーも見るのも好きです。

最新記事
訪問有難うございます
ランキング参加中です。
カテゴリ
月別アーカイブ