http://www.bbc.com/sport/rugby-union/39357540

オールブラックスと戦うチームにイングランドか?と思われましたが結果はバーバリアンズになったそうですね。
まあ良かったのではないですかね?
イングランドが連勝しているということで「残るのはオールブラックス」とエディ信者たちが言っていました。
しかしイングランドは確かに連勝していたけど正直オールブラックスみたいな強さは感じませんでした。
まあダメ龍が何も言えませんがね。ダメ龍はイングランド戦は3連敗しましたからね。
ビガーさんの自尊心はボロボロでしょう。イングランド戦後のビガーさんの表情見て思いました(これは後程)
イングランドは好きですよ。でも日本の報道は「エディエディエディ」である。
試合をするのは選手です。しかしそれも「エディ」という表現で片づけられてしまう。
「エディ6Ns優勝」はあ?誰だよ?エディ?「エディが鍛えた」あのね。イングランドはクラブが充実しているから代表選手を合宿で選ぶとかはしません。クラブで鍛えられているのです。別にエディが鍛えたわけではない。
そんな風だからやたらイングランド推されたり急にイングランドイングランドと本当に煩い。
というか前監督をここまで言う国も珍しいね?関係ないじゃん?エディの縁でイングランドと試合が出来るとかさ。
まあボクスを倒したチームですからね?

バーバリアンズで良かった。
仮にオールブラックスとやっても勝てないと思うよ。
ボコボコにされる可能性もある。
愛蘭戦見て思いました。イングランドは焦っていたしラフなプレーもありましたね?
まだまだ伸びしろがあると思います。完璧なチームではありませんよ。
逆に対戦してボコボコにされても良かったかもしれません。

4f484dbae6ab5207a469e12b8c7aa289.jpg
(foxsports)
fordfarrellitaly.jpg
(bathchrocle)
オールブラックスではやはりクルちゃんとバレットのコンビが好きですね。チーフスにいる「微笑みの貴公子」とかいう方が人気らしいですが私はこの二人です。クルちゃんは来シーズンはフランスへ移籍しますからオールブラックスでの姿もあとわずかですね。
イングランドはもちろんオーウェンとジョージです。二人はまだまだこれから伸びていきます。
対戦を見たいような気もしますが今は止めておきます。
スポンサーサイト
2017.03.23 Thu l blacks l top
バレットとあの「微笑みの貴公子」とか言われている人がオールブラックスでは蹴る人ですが私みたいな古い人間はやはりJWC2009で初見したクルーデンことクルちゃんなんです。
RWC2011ではDCが怪我をしてコリン様も怪我をして10番がいなくなったブラックスでした。
そこで最終選考までは残っていたというクルちゃんが呼ばれることになったのですがクルちゃんは観客としてRWCを楽しんでいましたね。アメリカの試合を見に行っていた様子が当時の記事にも載りました。
試合中にコリン様が怪我をしてクルちゃんが入り突然のRWCデビューで安定したキックを見せてくれました。
そしてファイナルでは10番をつけたクルちゃんですが僅か10分で終わってしまいました。
相手のレ・ブルーではパラさんが10分で試合を終えました。両チームの蹴る人がファイナル10分でいなくなってしまいました。
NZはコリン様離脱で「ワイカトの釣り人」と言われてワイカトで釣りをしていたダック師匠が呼ばれていたので入りました。
香港でのブレ杯でミスをしたダック師匠は構想外でしたね。そのあとのドラマは皆さまご存知ですので省きます。
4年後のイングランド大会は10番はクルちゃんと言われたのですが怪我で欠場してしまいました。
次はあと2年後ですが30歳です。どうなのかな?バレットと貴公子なのかな?ちょっと寂しいです。

来シーズンはフランス行きとか言われていたけどチーフス残留となりました。
NZに家を持っているみたいですし奥様もいらっしゃるから簡単には決められませんよね。
私はチーフス残留で良かったと思います。
NZはイングランド同様に海外クラブ在籍は代表除外でしょ?

58017100bb262_gettyimages_605945228_1_1c02s7t-1c02s80.jpgtuff
(stuff nz)
癌も克服したクルちゃんは強い人だと思います。
私はバレットと貴公子よりはクルちゃんをこれからも応援していきたいと思います。
色々あったけど猛省したと思うからもう言いません。
怪我との戦いもあるけど頑張って欲しい。

28歳のお誕生日おめでとうございます。素敵な1年になりますことを

1479436087778.jpg
(foxsports)
4f484dbae6ab5207a469e12b8c7aa289.jpg
(nz sports yahoo)
でもこの二人はなんとなく好きなんだよな。ブラックス10番はクルちゃんとバレットだと思う。
どの10番もそうだけど一緒という10番はいません。
それぞれの個性があるんですよ。だから10番なんです。
2017.01.09 Mon l blacks l top
http://www.espn.co.uk/rugby/story/_/id/17776968/wayne-barnes-referee-france-vs-new-zealand

秋のテストマッチでレ・ブルーは世界王者NZと戦いますがレフリーが決まったようですね?
フランス方面の呟きは「フランス対NZのレフリーはバーンズだ!フランス対NZのレフリーはバーンズだ」
失礼なイングランドが誇る迷レフリーであるバーンズ先生だぞ
フランスではないけどバーンズ先生は既にNZの試合を吹いているのですがやはり07年の試合を誰も忘れていませんよね。
DCとの微妙な距離が話題になりましたね。
そして再びとなるバーンズ先生が笛を吹く。これから先バーンズ先生が引退されるまでNZを担当すると言われ続けるのでしょうね?
とはいえ07年のメンバーはもういないのですがね・・・・
でもフランス側から見れば「バーンズ先生」なのではないかね?

wayne-barnes-6102007-390x285 (PSP)
(www.the24.ie)
マカリ兄さんにカレー券が出された場面は有名です。
現在37歳である我がバーンズ先生はこの時はまだ28歳でした。若いレフリーであるがゆえに色々な事が起こったのでしょうか?
2016.10.12 Wed l blacks l top
http://www.nzherald.co.nz/sport/news/article.cfm?c_id=4&objectid=11720383

え?と思ってしまった。ブラックスでSOのクルちゃんことアーロンクルーデンがフランスへ移籍?
TOP14のモンペリエへということらしい。
モンペリエは南半球勢が確かにいるけどどうなのかな?
ブラックスは今は見ていないけど10番は絵の具さんですよね?クルちゃんは怪我もあるから10番ってあまりつけていないような気がする。まあ以前は問題も起こしたこともあります。それはそれで既に処分は受けています。
イングランド同様に他国でプレーする選手は招集しないニュージーランドです。
もしフランス移籍をするとなればクルちゃんのブラックスキャリアは終わるのでしょうか?
フランスにはDCとコリン様がいらっしゃいます。
NZからも元ブラックスは来ているから。
NZ電子版でも疑問符がついているからどうなるのでしょうか?

large_Aaron-Cruden-h_s2-630 (PSP)
(rugby365)
ブラックス10番は私はクルちゃんを見たいと思う。だけど今は厳しいのかな?
2011年RWCや大病から復活してきた姿を見れば応援したくなります
2016.09.30 Fri l blacks l top
今日1月8日はスパラグチーフスのSOでありブラックスでも活躍するクルちゃんことアーロンクルーデン27歳のお誕生日です

1449444560612 (PSP)
(stuff co nz)
09年日本で行われたJWCで優勝したベイビーブラックスでは主将を勤めていました。
ある選手のお父様がスタンドで応援されていて倒れてそのまま帰らぬ人となる悲劇もおき優勝会見は行われませんでした。
クルちゃんも病魔に侵されて生還しているという経験を持っています。あれから時間は過ぎているけどケアはしているでしょうね。
「無病息災」
そんなクルちゃんに不幸が襲いました。
RWC開幕まで時間がないスーパーラグビーの試合中に脚を痛めてRWC絶望という結果が出ました。
クルちゃん自身は「RWCに出たい」と最後まで諦めていなかったようですがまだまだ未来がある。
無理はして欲しくないです。幸いカーターが無事に試合をこなして2連覇を達成しました。
みんなクルちゃんの存在を忘れているだろうな?そう思いつつ静かに見ていました。
(南半球ではブラックス推しですから)
カーターがラシンでのプレーを選択してこれからのブラックス10番が誰になるのかまた気になります。
絵の具さんがいるけどクルちゃんはクルちゃんでキッカーとしての魅力があります。
ブレ杯は防衛しましたがTRCはワラビに奪われましたので今年は奪還しなくてはいけません

クルちゃんお誕生日おめでとうございます
「無病息災」を祈ります素敵な1日を過ごされたと思いますので素敵な1年になりますように

imagesB6AGVV54.jpg
ブラックスにも帰って来て欲しいです
2016.01.08 Fri l blacks l top