突然ワラビ!マムさんイングランド戦出場クリアです!良かった。

ワラビーズでご贔屓はマイケルフーパーさん。あ、日本代表に「日本のマイケルフーパー」という選手がいると言っていたけど?
誰なんだろうね。フーパーさんみたいな選手って凄いじゃない?ハーフペニーさん以上の選手もいたみたいだからね。
19年に向けて明るいじゃないですか?
ワラビーズは個人的にはそんなに嫌いでもない。一時応援していたからね。嫌いではないよ。
だけど欧州ではグランドスラム達成はさせたくなかった。ごめんなさい。
赤龍もワラビには勝てません。次は勝ちたいですね。

ワラビは週末のイングランド戦で欧州スプリングツアーが終わります。
6月はワラビに3連勝してRWCのリベンジをした形になりました。
それから半年です。
既にチェさんとエディさんの舌戦が行われているみたいです。とはいえ中継はオンデマンドしかないんだよね?
赤龍見ていると中々そちらまでは行かないので時間かけてみることにします。
本題に入ります。
ワラビと言えばマムさん。プレミアのチーフスでは欧州では初めて南半球の選手が主将を任されリーグ杯を優勝しました
2年間の契約満了でワラタスへ帰り2015年RWCに参加しました。
そんなマムさんはイングランド戦は出れるの?という状況でした。赤龍戦も欠場したんだよね?
昨夜に流れました。
「マムさんクリア イングランド戦出場」
良かったというのが感想です。
カレー券には注意してほしいものです。
誰かと一緒で眼つけられるぞ👀
ワラビーズは勝ちたいだろうね。RWCと同じ場所です。
私はイングランド応援するけどね
でもマムさんが出場可能になったのは凄く嬉しいです。何で嬉しいか?何故でしょう?

3AC7771100000578-0-image-m-82_1480434267524.jpg
(BBC)
マムさんもカレー券集めているようですね。お気をつけてくださいませ
161129 Dean Mumm
(ZIMBIO)
何処かに某選手と似ているとして写真が2枚ありました。
確かに似ているといえば似ていますね。でも似ていないといえば似ていない。
まあ私はどちらも嫌いではございません。似ていると言われても怒りもなかった。

代表はやはり全員で戦うのが良いです。
ワラビーズはイングランドに再び勝つことが出来るのでしょうか?

ここまで読んでくださりありがとうございました

スポンサーサイト

プロ12 第10節 代表組帰還です。我がオスプリーズは3位をキープです。

http://www.ospreysrugby.com/News/Article/47528

イングランド代表はまだワラビ戦が残っていますが赤龍代表は日程をすべて終了しています。
かといってプレミアを含めて休止していたわけではなく普通に試合を消化しておりました。
「みんなで代表を応援しよう」という空気もございません。代表は代表です。
オスプリーズでのお留守番隊は第8節と第9節をこなして1勝1敗です。
代表組がゴソッと抜けていますが頑張りましたね。
第9節は同じく代表不在のブルーズでしたが22対5という意外と大差がつきましたね。
第10節はホームでのエズンバラ戦です。選手が毎年流出しているエズバラは現在14位と言う信じられない位置にいます。
代表組でも頑張ってくれた我がオスプリーズ達は全員は出ないかな?休ませるのでしょうか?
注目は赤龍代表に18歳で呼ばれたジャイルズ君と日本戦で素晴らしいDGを見せて勝利を呼んだサム君。
この二人は出ると思うよ。
ここまでの10番はサム君の方が多いんだよ。2連勝して連敗したけどそこの10番はビガーさんでした。
プレマッチも何も出ていないビガーさんはある意味調整不足です。今は欧州も経験しているから大丈夫と思うけど休みが多かったのは確かです。サム君は怪我もなくここまで順調に来ています。

上位にいるのなら取りこぼしはエズンバラですが出来ません。
ホームですからここは勝たないといけません。

15625982-large.jpg
(walesonline)
秋のシリーズでは23歳とは思えない冷静な判断で赤龍を勝利に導きました。
クラブへ戻りさらに成長した姿を見せてくれるでしょうか?

「秋の赤龍祭り」2016 最終戦 6NSへ向けて 終龍

80分FTで27対13で最終戦を赤龍は勝利で終わりました。

ボクスはどうしたのでしょう?でもこの日はそんなに悪くは思えなかった。
メンバーが揃えば再び強さが戻ると思いますよ。
以前見たメンバーと比べて?というボクスが多かったです。
試合後は泣いている選手もいました。
「ノーサイド」
試合が終われば仲良くすることではありません。
健闘は称えても内心負けたほうがなんとも言えないでしょう。
健闘をたたえあうのはラグビーだけという方いますがサッカーだってどんなスポーツもやっていますよね。
負けても笑顔でヘラヘラしているのはちょっと勘弁です。
だってドレッシングルームへ帰ればピッチの笑顔と違いますからね。
試合終わった。ノーサイド。お疲れ様じゃダメなんです。
babyboksからも引き上げて欲しいけどこちらも「経験重視」ですかね。

赤龍達は最終戦は勝利で終えました。
トータル3勝1敗です。ワラビには勝てませんでしたがこれは今後の課題でしょう。
日本戦は「辛勝」と言われました。日本側は「ベストメンバー」と言っていたけど「舐められてる」とか言ってた。
私から見ればベストメンバーではない。ビガーさんいない。北譲治いない。この二人が欠けているのはベストではないのである。
ここでは新しいスター(ジュニア時代から実績は申し分ない)サムデーヴィス君が生まれました。
勝敗を決めたDGは決して「一か八か」ではありません。このDGに関して日本の見解は酷いな。
DGって知らないのだろうか?昨年もDCがやっていたじゃない?見てないのだろうか?
ビガーさんに代わり10番という声もあるけどそれはまだまだ。
ビガーさんがボクス戦で圧倒的な存在感を見せましたからね。ただ背中は見えていると思います。
6NSでも継続して招集されることを代行へお願いしたい。
試合後にはサブメンバーもピッチへ出てきたけどジャイルズ君を発見しました。
メンバー外だけどチーム帯同していたジャイルズ君は出番こそありませんでしたがいい経験になったと思います。
オスプリーズ所属でもあるのでこれからの活躍も楽しみです。
6NSはまだ18歳だから若造へ回るかもしれませんね。これは仕方ない。
伸び盛りですから1つでも試合を経験してほしいです。
赤龍の中でグリーンのジャージを着ている人がいたので「誰?」と思いつつよく見るとビガーさんでした。
相手の10番君と交換したみたいです。
FT後にベンチからビガーさんの所へ歩み寄りビガーさんも歩みよりジャージを交換したようです。
もしかして約束していたのでしょうかね?
身長がビガーさんの方が大きいので少し小さめ。初めは後ろ半分を着ていなかったけどしばらくして小さいながらも着ていました。

MOMはテイバリックさん。トロフィーが授与されたけど赤龍はみんなで記念撮影はしないんだよね?
何かサバサバしているというか淡白というか・・・・
大人なのかな?もっと弾けても良いと思うのですがね?
怪我人は相変わらず出ているけどRWCも怪我人だらけでベスト8まで行きました。
というか怪我人はいつものメンバーだからしっかりしなさいよ。

7cf27e2cc6d645245e0fc65637405201769271af.jpg
(walesonline)
どの試合もメンバー落ちなどせずにベストメンバーで戦って欲しいです。
怪我人が戻ればさらに厚みも増すでしょう。
JS104208116-1.jpg
(BBC)
このあと集まるのは6NSへ向けてです。
今年はイングランドの強さが目立ちました。もちろん6NSでも絶対的な優勝候補でしょう。
しかし愛蘭の復活スコットランドの頑張りアズーリの自信と来年はどうなるのか楽しみです。
赤龍も今年はイングランドに1敗のみでした。また6NS奪還というもの狙えると思います。

JS114121127_sam-davies-sport-large_trans__vG8ix3c8F8BBXJriddTm4lRwCUfpjwst9sWfx4IxP74.jpg
(telegraph)
赤龍代表として3試合出場したサム君はこれからも楽しみです。
先輩達からも可愛がられているサム君は昨日の自身のSNSで赤龍代表での大きな経験とオスプリーズ所属の選手達とチームへ戻ったことを報告してくれました。金曜日の試合は10番はビガーさん?サム君?どちらかな?

「秋の赤龍祭り」2016は幕を閉じました。
色々あったけどやはり赤龍好きだとビガーさん好きだと再確認したシリーズでした。

ここまで読んでくださりありがとうございました。


ブルーズが仲間の為にひと肌脱ぎました。 

http://www.walesonline.co.uk/sport/rugby/rugby-news/wales-top-rugby-players-posed-12240530

SRのブランビーズでプレーしていてワラビーズでもプレーされていた元選手がいます。
ロビー時代にワラビーズに招集されて当時は「何で?」と議論されていたようですが段々それは無くなりワラビーズには無くてはならない存在となり引退された時はファンから惜しまれつつワラビがピンチだといて欲しいという声も出るほどです。
2013年ライオンズが豪州に遠征した試合で当時は中心メンバーだった赤龍の激しい当たりに首を痛めてそれから痛みとの闘いが始まり2014年若くして26歳で引退されました。シドニーのマンリーで裕福な弁護士一家に育ち本人も弁護士への勉強もしていたのでその道とブランビーズにスタッフとしてかかわり結婚もされて幸せな時間を過ごしているようです。つい先日はシドニーマラソンを完走されたようです。

しかし元選手ばかりではありません。首というのはラグビー選手にとり一歩間違えば命取りです。
日本では報じられないけど海外では首の故障でリタイアせざる方もいます。
その傍には共に戦ったメンバーが寄り添って助けている姿があります。
ブルーズの元選手でFHだったオーウェンウィリアムズさん。25歳ですが脊髄損傷で選手生命の終わりを迎えざる得ませんでした。
病と闘うウィリアムズさんを助けるためにブルーズの仲間たちがひと肌脱いだのです。
(完成はしていないみたいですが素昆布とシングラー君のフォトがあがっています。貼りませんのでリンクでどうぞ)
JS69863771.jpg
(walesonline)
センターにいるのがウィリアムズさん。赤龍代表にも選ばれてグランドスラム優勝メンバーではないかな?
車椅子姿は過去の写真を拝見すると辛いですが1人ではありません。素敵な仲間が彼を支えています。
ウォーバートン主将は親友です。

1.jpg
(walesonline)
ワラビのクーパーさんもウィリアムズさんをサポートしている仲間です。
同じ10番を背負うクーパーさん。彼は本当は凄くいい人なんでしょうね。
サム君も初キャップを獲得したワラビ戦で試合後はクーパーさんと一緒に写真を撮っています。

JS74302022.jpg
(walesonline)
素昆布さんはウィリアムズさんの後にブルーズへ入ったわけですね。
ヌードを貼る代わりにプールでの素昆布さん。
サンプル写真を見たけどきれいなヌードでございました。
見える範囲では刺青は見えませんね。

おまけ
「ウェールズ代表がヌードカレンダーを出す」というのも流れたらしいのですが残念な誤報でした
見たいと言えば見たいけど「何としても見たい」というのはあまりございません(嘘つけ)

e5fb371e638dbc5dd223eb4b523c690f.jpg
JS74302110.jpg
(walesonline)
イメージ画像でジョナデビさん(肌の白さが際立ちます。イケメンと重なり素敵です)ドクターロバーツ(ロバーツ先生は背が高い。というかラグビーでも国の代表レベルで現役お医者さんとはスーパーな方です)ルークさん(2m超える身長はビガーさんさえも包んでしまいます。)ビガーさん(以前より体を作りましたね。脱がなくても綺麗な手足は試合中でも十分エロいです

(このメンバーでも見える所には刺青はありません。赤龍代表全員ではないけどタトゥー率は本当に低いです。
否定するわけではございませんがサッカー選手などは「何でここまで入れる?」みたいな感じもございます。きれいな白い肌に何かね・・・・)




「秋の赤龍祭り」2016 最終戦 改めて思うダン・ビガーの存在感 第2龍

「秋の赤龍祭り」2016

後半です。試合前の入場もそうだけど後半の入場もスタジアムの雰囲気は最高ですね。
演出もいい。音楽もいい。試合後に流れていた音楽も綺麗で感動します。
こんなラグビースタジアムが欲しいと言われますが日本では無理でしょう。
来年のライオンズ組いないU20組来るわけないアイルランド戦を横浜でやるとか言うけどガラガラじゃないのか?
IRBのお偉いさんがあのスタジアムを褒めたそうだが2002年の時は外国人から悪評であり日本でもピッチが遠いと悪評判だよ?
IRBの考えることは解らん。どうみたらあのスタジアムがラグビーに適しているんだ?埼スタもラグビーは使えないからね?
話がそれた。
場内MC「your team Wales」
このコールで戻ってくる赤龍達は頑張るだろう。頑張らないといけないよね?
前半痛めたリディエイトさんに代わりバース移籍後怪我をしてNZは不参加だったファレタウ君が戻ってきて久しぶりのピッチです。
ご存知の通りイングランド代表のマコ&ビリーのヴァ二ポラ兄弟とは親戚になります。彼は赤龍代表を選びました。
リデイエイトさんはオスプリーズだから心配です。NZ遠征も怪我で不参加でしたからね?それも直前だから
41分ボクスにカレー券ビガーさんの進路を故意的に邪魔したようです。
赤龍PGで半分さん決めます。15対6です。半分さんキックは安定しています。流石です。
半分さんは静かに蹴りますね。落ちつかない誰かさんとは違いますね?
後半もビガーさんよく動いています。ボクスはミスが多い。
日本戦はいなかったビガーさん。
45分に赤龍にTRYです。2番オーウェンスさん。20対6だけど半分さん褒めたけどコンバ外しました。
ビガーさんは倒れている仲間の背中をそっと叩いて励まします。それで立ち上がるんですよね。
GDさんがいいプレーすれば頭なでなでヾ(・ω・*)
煩いぐらいに仲間に指示するビガーさんは回りすべてを見ているような感じですね。
10番は蹴るだけが10番ではありません。
51分リアムさんが痛める。タイムを勝手に取らないように。ボクスが15人に戻る。いい意味でビガーさん煩い。
リアムさん駄目かしら?この後サラセンズに移籍するというリアムさん。怪我はいけませんよ。
ボクス10番ヤンチース君ミス。マカヴォイという10番がいるけどヤンチース君頑張って欲しい。
マカヴォイはリア充だからな。怪我は回復しているようだけどな
57分ビガーさんがDGを狙うが決まらず。これは「一か八か」だろう。RWCでもDGを蹴りこちらは決まりました。
ビガーさんは流れの中でのDGを時に蹴るが今回はサム君への対抗心もあるだろう
サム君がビガーさんとのライバル感を聞かれると「ライバルではなく共に頑張っていきたい」とはぐらかしていますけどね

リアムさん駄目みたいです。今日は11番に入っているリアムさんだけど交代するとなれば誰だろう?
ウィングに誰かを回すのか?
58分ボクスは2枚チェンジでランビー君が入る。キッカーはランビー君だろう。
赤龍も58分にサム君が入る。ビガーさんはそのままだからサム君はリアムさんの後に入りました。
サム君もFHとFBとWTBが出来る。海外の選手は複数出来る人多いですね?
元NZ代表でフランスでプレーするコリン様は本業はSOだけどFBも出来てセンタも出来るというマルチな方ですね。
ビガーさんもFBが出来ます。FBが仮に壊れたらビガーさん。RWCでもそうでしたね。リアムさんはビガーさんと同郷なので仲良しさん。リアムさんの後をビガーさんが入りましたね。話がそれました。
日本戦のDGで赤龍を救ったサム君です。ファンは期待しますね?拍手で迎えます
59分TRYを決めたオーウェンスさん交代です。拍手
我がオスプリーズ所属ボールドウィンさん入ります。

62分にはサム君からビガーさん。1人挟んでジョナデビへきれいなパスが流れます。
これが日本戦ではなかったんだよね?
サム君が先輩たちに混ざり普通にプレーしているのが凄いわ。高いレベルだと思う。
63分には共にキックで戻したり戻されたり。ちょっと単調でした。64分にボクスはSHを変えた。
65分ビガーさんからサム君へ。ここでジェンキンス主将交代です。
またオスプリーズであるニッキースミスが入りました。67分サムソンリーさんが入りフランコイスさんアウトです。
FW陣は今日は頑張りました。自信もってやってましたね。反則も少なかった。69分モールからボクスがTRYです。20対11です。
その前に68分にビガーさんにメディカルが入りました
背中から倒れて足をちょっと気にしていましたが大事なく試合に戻りました。脳震盪ではなかったようです。良かった
あのRWCの不可解な交代が蘇りますよね?
試合は70分代に入ります。
サム君が伸び伸びプレーしているね。サム君からビガーさん。そしてジョナデビラインが出来ている。
ジョナデビさんも今日は本来の姿に戻っています。
ジョナデビさんはビガーさんを信頼しているのが解りますよね。年齢はジョナデビさんが上だけどビガーさんズケズケ言うから。
76分試合を決めるティバリックさんTRYです
これまたオスプリーズでございます
80分が過ぎてフルタイムとなりました。ファイナルスコアは27対13です。
得点は大量ではないけど内容も悪くない赤龍らしいゲームでございました。
日本戦は笑顔も少なかった赤龍達に笑顔が見えます
日本戦だけど「勝っても笑顔がない」と言われていたが試合後は先輩たちがみなサム君をセレブレイトしていたぞ。
沈んでいたのは代行と主将が酷かったな。負けたわけではないのだから。「勝てた試合」とか言われているが最後のDGを誰か感じないのかな?TRY主義も結構でございますがね。はあ腹立つわ

JS105964162.jpg
stream_img.jpg
(walesonline)
MOMはティバリックさんでしたけどMOM級の活躍をしたのはビガーさんではないでしょうか?
素晴らしいゲームメイクを見せてくれました。
全体を見ているビガーさん。煩いとはあくまでも愛情表現ですぞ
日本戦に不出場は本当に残念でした。ビガーさんがどんなゲームメイクをしたのか?
それと赤龍達がビガーさんをすごく信頼している。それが解るゲームでございました。

「秋の赤龍祭り」2016 最終戦 改めて思うダン・ビガーの存在感!第一龍

「秋の赤龍祭り」
もいよいよ閉幕です。最終戦はボクス戦です。アズーリとイングランドに負けているボクスはチーム状況は良くないようです。
とはいえ赤龍もそんなに余裕はありません。そんな中でアレですもん。嫌になるわ
良くも悪くも赤龍代表ってダンビガーのチームだと思う試合でございました。
いつものように最初は通しでフルマッチを見て2回目はビガーさんを追いながらです

いつ見てもスタジアムの雰囲気は良いね。以前は赤龍を対峙から見ていたのでそんな風には思いませんでしたけどね。
イングランドが30対3でボコられた試合もそうでした。花火も派手に打ち上げられていました
ボクスはバナナさんがスタンド観戦ですね。しかしメンバー変わってしまい顔は解るけど名前は解りません。
以前は怖いボクスですが今はイケメンもいるし変わりましたね。
アンセムの演奏と合唱が凄くきれいです。ボクスの選手は泣いている人も。
ボクスアンセムのメロディーラインは奇麗だけどこの日のラインも凄くきれいでした。
色々な言語があり難しいけど聞きこんでこれも歌えるようになりました。
赤龍アンセムも聞きこんで歌えるようになりました。
スタンドからも聞こえてきますが5万5千越えですが上段に空席と元から開けている席もありますね。まあ上段なら雰囲気を味わうにはいいけど試合は見えにくいですよね。
主審はポチさん。いつも難しそうな顔をしているポチさん。ビガーさんと何か言葉を交わしていました。
4分にはビガーさん悪じゃのう相手の10番君倒してますよ。でもヤンチース君は「ビガーさん」みたいだから嬉しかったり(こら)
スクラムの重さは赤龍910ボクス881です。5:50赤龍反則でボクスにPGとなる。
PGが決まりボクス3対赤龍0です。
ここまで見ているとやはり10番はビガーさんだと改めて思う。僅か数分だけど赤龍のリズムが良い。
9:44GDからビガーさんへそしてJDさんとパスが流れる。ボクスが反則で赤龍にPGで半分さん成功3対3となる。
12分でボクスがバタバタしている。赤龍はビガーさんを中心に北譲治さんとジョナデビなど生かされていますね。
ビガーさんお得意のハイボールを多用していました。自分で蹴って自分でつかむ。AWJさんにメディカルが入る。
17分赤龍は半分さんPGで6対3となる。JDさんからパスがでる。
今日はどのBK陣も良く動いている。コンダクターはビガーさん。
何だろう?みんなビガーさんを信頼しているのかな?任せているというか。
攻撃パターンをビガーさんが指示すればそれに答えるのだから
今日のキャプテンはジェンキンスさん。ボクス反則で9対3です。23分すぐにボクスPGで9対6です。スタンドがザワザワ
26分ジョナデビが持っていくが届かず。だけどGjである
ジョナデビは4試合すべてフル出場でした。RWCに彼がいてくれたらと何回思ったことだろうか?
ビガーさん髪切ったのかな?髪から髭までブロンドから怖い怖い
28分にボールが主審のポチさんに当たる。試合に関係するなら大変だが笑いがおこりました。
ポチさん今日はTMOが1本もありませんでした。
33分赤龍PGであり12対6です。39分ビガーさん40分ビガーさんがボールを出して前半終了です。
リディエイドさんが足首を痛めたそうです。長くならないと良いのですが・・・・・
前半終了間際にピッチ倒れてメディカルが入りました

JS103264470.jpg
(ZIMBIO)
前半でいかにビガーさんが普通の10番ではないことが解りました。
日本戦であったハンドリングエラーもあんなにはありませんでした。
1週間でこんなに変わるのですかね?

「秋の赤龍祭り」2016 最終戦は勝利で! まだまだ伸びるチームだと思います。

試合は一応全部見ました。また後程雑感します。

終わってみれば3勝1敗です。ワラビには今回の勝つことが出来ませんでしたね。
今後の課題となるでしょう。まあ自滅したというのが本音ですけどね。
試合を壊したのはビガーさん。まあ仕方ないと言えば仕方ないのですが。
イングランドがワラビに3連勝した。というかワラビは欧州では強いね。
最終戦はアイルランドに負けたから良かったけどさ。
グランドスラムなんてやらせたくないじゃん。
ここでサム君がフル代表初デビューでした。
試合後はファンから叩かれた赤龍達でしたね。
どこぞの国みたいに「ポエム応援」ではありません。
選手を叩くことがいけないみたいな感じですがファンが怒っても良いんだよ?
何で怒ってはいけないのだろうね?中傷や誹謗は駄目だけどさ。

2戦目はプマース戦でした。
これはワラビ戦と違い内容も悪くなかった。
ワラビ戦で叩かれたビガーさんが本来の姿に戻った。
BK陣がビガーさんに導かれてパスも回りましたね。
「いい流れ」と思いました。
知っての通りビガーさんと半分さんは長年のお友達です。
一緒のチームでプレーもしていました。
アンセムでも隣で並ぶことが多いですよね?
蹴る人は半分さん。うるさいぐらいの司令塔はビガーさん。
きちんと役目が出来ています。
大差ではないけどワラビ戦とは違う赤龍をみせてくれました。
3戦目はあのボクスを倒した日本代表です。胸を借りるつもりで行きましょう。

3戦目は日本代表です。というか何だ?このメンバーは?
代行は何を血迷ったのだろうか?このメンバー出しても良いのか?日本代表だよ?
案の定結果は最悪である。やりたい放題やられてエディさんには嫌味を言われた。
プマース戦でいい流れだったのをぶった切った。
あえて名前は出さないけどここで10番使うか?
確かに10番議論は続いている。だけどここで議論の対象とすることはないだろう?
「2019年RWCにはベスト4に入れる」
「ウェールズを焦らせた」「弱いウェールズ」だの言いたい放題言われた。
30対30から最後はサム君のDGで勝ちました。
これも「反則」だの「ずるい」だの「DG禁止」だの「TRYを諦めてDGへ行った」だの「勝てた試合」だの。挙句の果てには「DG知らない」とか言われていた。ラグビーはルールが難しいけどそれはだんだん見ていけば解る。私だって長年見ているが全部は解らないと思う。だけどDGぐらい知っておいてね。反則でもずるくもないのだから。
日本代表のボクス戦ばかり見ないで過去のレジェンド達はDGを使い勝利しているのだから。
みんな大好きウィルコのRWC2003で優勝を決めたDGでさえも「反則」になっちゃうぞ。

最終戦は「あの強いボクスは何処へ」という暗闇にいるような南アフリカ代表です。
相手も大変だと思うけどこちらも負けられません。
詳しいことは後程書きます。
何で日本戦をこのメンバーにしなかったの?代行は叩かれていたけどそうだろうね?
メンバー落としなどやる余裕は今の赤龍にはないだろう?
ビガーさんが戻り周りは生き生きとプレーしていましたね。
なにせいいパスが回ってくる。きれいに回るのだから。
日本戦と違うチームになっていますよ。
サム君はFHではなくウィングで入りました。
リアムさんが足を痛めての交代でした。サム君はFHとFBとWTBが出来るのです。
このテストマッチで成長しましたね。
でもビガーさんに代わり10番とまではまだまだ時間が必要ですかね。
6NSも登録されると思います。ここで外したから代行は止めちまえ!
唯一は怪我人が相変わらず多い事です。
ドラゴンズ組は二人ともアウトで終わってしまいました。
ワラビ戦ではウェブさんが怪我でアウトになり手術でした。
ボクス戦もリディエイドさんが怪我で前半で退きました。
その代り怪我していたファレタウ君が戻りました。バースにも良報でしょう。

_92426908_cdf_051116_ge_wales_v_australia_89.jpg
(walesonline)
昨シーズンもオスプリーズでビガーさんと共に10番を背負っていたサムデーヴィス君。U20でJWC準優勝&IRB最優秀若手賞を2013年に獲得していて父親は元ウェールズ代表という血筋です。
夏のNZ遠征でも選ばれるか?と言われていたけど「経験重視」で見送られました。
サウスポーから蹴りださせるキックは安定度高い。
あのDGだって「一か八か」とか言われているけど映像見てごらん。
サム君はちゃんとDGの間合いを計算しているから。それに気づいた地上波のアナは評価する。
ビガーさんとの10番議論は二人に関しては続くと思うけどどちらも赤龍代表には欠かせない存在ではないですか?

「秋の赤龍祭り」2016 同じクラブの先輩後輩 初めての赤龍代表です!

イングランド代表では共に10番と12番が出来るオーウェンとジョージが幼馴染みで子供の頃から一緒にプレーしていて今やイングランド代表には欠かせない存在です。泣いたり笑ったりも一緒に過ごしてきたオーウェンとジョージです。

赤龍の中にもアマチュア時代から一緒にプレーしていたメンバーがいます。
FBハーフペニーさんとFHビガーさんと同じFHサム君です。
3人とも同じアマチュアチームでプレーしていました。
赤龍サイトでクラブ公式へ行くと今でもOBとして3人の名前があります。
年齢はハーフペニーさんとビガーさんが1歳違いでビガーさんとサム君が4歳違いです。
クラブはブルーズがハーフペニーさん。オスプリーズがビガーさんとサム君です。
ハーフペニーさんはすでにRWCにもライオンズにも経験があります。
ビガーさんも6NSではハーフペニーさんとプレーはしています。
JWCに関してはサム君はファイナルでイングランドに逆転負けはしましたが準優勝でした。
個人的には「IRB最優秀若手賞」を獲得しているのでジュニアでは世界に認められましたね。
そんなサム君がこの秋の赤龍祭りでフル代表に選出されました。
オスプリーズではビガーさんと10番争いしいるサム君ですがここまで見ているとサム君の方が10番として使われています。
しかしどちらかというわけではなく二人がいるからこそオスプリーズは上位にいることが出来るのです。
JS105400735.jpg
(walesonline)
最後のDGを決めたサム君を祝福したのはハーフペニーさん。
頭なでなでしてもらい嬉しそうでしたね。ヾ(・ω・*)なでなで
クラブでの先輩でもあるハーフペニーさんと一緒に赤龍代表でプレー出来たのはサム君も嬉しいでしょう。
もちろんハーフペニーさんも嬉しいでしょうね。
思えばキックはサム君も才能があるけど先輩にハーフペニーさんとビガーさんというキックの才能がある二人がいるのも大きいでしょうね。

_78804463_biggarahalfpenny.jpg
(sousewales evenigpost)
解りますね。ハーフペニーさんとビガーさん。
ビガーさんは生意気な風貌が残る時代ですね。

ボクス戦でもスターターがハーフペニーさんとビガーさんが入りサブにはサム君が入ります。
「秋の赤龍祭り」2016最終戦です。
3人にとり喜ばしい結果で終わることを祈ります。

赤龍戦のボクスメンバーですが・・・・さっぱり解りません。こんなに変わったの?

http://www.sarugby.net/news/four-debutants-springbok-squad-face-wales/

ボクスは数年まえの「憎らしいほど強い」というのが無くなっているのでは?
以前はNZの最大のライバルとしてアウェーのボクス戦は凄く嫌でした。
07年もイングランドがファイナルで負けました。
11年はボクスは07年メンバーのままで世代交代がなく消えましたね。
そのあとはベビーボクスから上がってきたりしたけどそれもごくわずかである。
10番のマカヴォイなどはTL後に怪我をしてそろそろ戻るとは思うがGFと楽しそうにしている写真をSNSにあげている。
まあ個人だからあげてはいけないとは言わないが怪我して長期離脱だよ?ボクスでは中心メンバーでしたからね。
「彼女と遊ぶ暇あるなら」と思われませんかね?私はちょっと?と思いフォロー外しました。
そろそろ復帰らしいですが今度は怪我に気をつけてくださいね。
しかしメンバーが解らない。SR見ていないからかもしれないけど本当に解らない。
ルルーさんいないの?クマさんは?
若手中心なのかしら?エベッさんは?
あ、やっと解るランビー君はサブである。マジでランビー君しか解りません。どうしましょう?
赤龍も負けるわけにはいきません。
ジャパン戦でメンバー落としてまあ馬鹿にされる。馬鹿にされる。「ショボいウェールズ」だってさ。
メンバー落とさないで行けばと思ったけど負け惜しみだからやめる。
2019年はベスト4も夢ではないジャパンだそうですから赤龍も仕方ありませんね。

試合はBBCラジオで流しで聞くつもりだけど今話題の「ダ・ヨ~ン」でやるのかな?

Patrick_Lambie_South_Africa_Training_Session_Aj9Ouhbyj5Jl.jpg
(ZIMBIO)
いやマジでランビー君しか解らないという。あのメンバーは?みんな何処行っちゃったの?
やはりここは世代交代が失敗しているのかな?
ベイビーボクスには人材いるのですがベテラン天国だったのでしょうか?

「秋の赤龍祭り」2016 ボクス戦23名 FHはospreysビガー&デーヴィスです!

http://www.wru.wales/eng/news/37629.php#.WDbsSIVOJPY

「秋の赤龍祭り」
いよいよ最終戦です。相手はRWCで負けてしまったボクスです
あれは何だろう?負けたけどビガーさんの訳わからない交代もありました。脳震盪という名目らしいけどビガーさんは否定していましたね。
さあメンバーが出ました

CyBWT5VXgAAGDHm.jpg
(WRU)
このメンバーで(キャプテンは今回はお休み)ジャパン戦を戦ってほしかった。
何でこのメンバーを出せなかったのだろうか?出してくれなかったのだろうか?
15番にハーフペニーさんが戻りました。14番に北譲治11番にリアムさん。ロバーツ先生がサブからです。
4番にルークさんが戻りました。主な戻られた方々です。
10番にビガーさん。ジャパン戦は素昆布さんでしたが今回は入っていません。
申し訳ないけどプマース戦はビガーさんが10番でした。すごくいいリズムでしたがジャパン戦のリズムの悪さが解りましたね。
やはりビガーさんの存在は大きいと思いました。

若龍で招集された我がオスプリーズのジャイルズ君はこのメンバーには残念ながら入れませんでしたがチームへリリースもないので赤龍に帯同しているのかもしれませんね。6NSでの活躍とオスプリーズでの活躍を期待します。
ただ6NSは若龍達もあるのでジャイルズ君はそちらへ回るかな?
今の経験はとても貴重なものなのですので大切にしてほしいと思います。

FHはオスプリーズ組となりました。
ビガーさんとサム君が入りました。オスプリーズからは7名が選ばれておりますよ。
サム君はジャパン戦のDGで赤龍を救いました。
数々のSOやFHがDGを決めていますがそれにも劣らない素晴らしいものでしたね。
まあ日本では評価されないようですが。ルールは知らなくてもとは言いますがDGは覚えておきましょう。
「反則」でも「汚い」でも無いですからね?

sposocial-dan-biggar-and-sam-davies-led-a-kicking-session-for-some-lucky.jpg
(southwaleseveingpost)
オスプリーズでもFHとして10番を競うビガーさんとサム君ですがイベントなども二人で行くこともあります。
これはスポンサーのドリンクウォーターでの「子供ラグビー教室」での一コマです。
赤龍代表ではワラビ戦に続く二人でのFH担当でございます。個人的にすごく嬉しいです



プロフィール

桜

Author:桜
Danbiggarを愛し北半球プレーヤーを愛してます♡
10月はビガーさんお誕生日を迎えます。


ラグビー中心ですが主に北半球でイングランドプレミア&プロ14です。
イングランド代表は2003年から大好きで贔屓しています。ファン歴は14年になります。赤龍代表は2015年の6NSからです。まだ2年という初心者です。
南半球はオールブラックスです。あとはカンタベリーとクルセイダーズ!

最新記事
訪問有難うございます
ランキング参加中です。
カテゴリ
月別アーカイブ